MENU

BLOG
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 家づくりのノウハウ vol.9 お部屋を広く見せるためにできるちょっとした工夫とは?

家づくりのノウハウ vol.9 お部屋を広く見せるためにできるちょっとした工夫とは?

 

新じゃがのおいしい季節ですね。

みずみずしく、皮の薄い新じゃがは皮ごと調理する料理にぴったり!じゃがバターや皮付きフライドポテトなんて最高です♪おいしいからと言って食べ過ぎないように注意しなくちゃ!

さて、きょうは家づくりのノウハウ第9回。お部屋を広く見せるためにできる工夫について考えていきます♪

前回のブログでもお話したとおり、最近はコンパクトなお部屋を多くつくる間取りがトレンドになってきています。でもそんな風潮だからこそ、ちいさなお部屋をできるだけ広く見せたいもの。いったいどんな工夫をすれば、広く見せることができるのでしょうか。

代表的なものでは、

・壁に明るい色(白など)をつかう

・天井を高めにする

・窓を大きくする

・照明を工夫する

などがあります。全部に共通して言えるのは、「圧迫感をなくす」ということ。壁や天井を近くに感じてしまうと、お部屋がせまくみえてしまうんです。

「窓を大きくする」では、実際に窓を大きくすることはもちろん、窓を大きく“見せる“ことも有効です。通常よりスリムなフレームの窓にすれば、実寸より大きく見せることも可能なんですよ!

また、「照明を工夫する」では、生活のための照明のほかに、お部屋を広く見せる用のスポットライトを用意するのがおすすめです。こうした照明を壁にあてればお部屋をより広く見せることができるんです。ご存知でしたか?

ここに挙げた以外にもさまざまな工夫があります。「天井を高くするのではなく、床を1段低くする。」「どうしても存在感が出てしまうソファーをリビングの目立つ場所に置かない。」など、ほんとうにたくさん。それぞれを上手に取り入れれば、元のお部屋との違いは歴然となるはずです。理想のおうちにするために、お部屋づくりから楽しんでみてはいかがでしょうか?お困りの方はぜひ私たちにお声掛けくださいね!

WORKS
施工事例&お客様の声
VIEW MORE