MENU

BLOG
ブログ

大好きな木に囲まれた暮らし

 

 

豊橋市に憧れのマイホームを建てたK様。新築を考えたきっかけは、5%から8%への消費税増税でした。

K様夫妻はそろって「木の家」が大好き。モデルハウスを見学していただいたとき、タツミハウジングの「木の家」をひと目で気に入ってくださいました!

1番の特長は、吹き抜け25.9畳のリビング。床と天井には杉、梁には米マツをつかい、ご夫婦の好きな「木」のあたたかみが伝わる空間をめざしました。中央に立つおおきな大黒柱が、家族の暮らしをあたたかく見守ります。

“吹き抜けの広いリビング”と言われて心配になるのが寒さのこと。K様のお家では、薪ストーブを設置することで、この寒さを解決しています。豊かな木の表情ともマッチする、世界にひとつのリビングが完成しました。

 

リビングの中央には、お子さまのために木のブランコも用意。楽しそうな笑顔に、家づくりのお手伝いをした私たちも嬉しくなってしまいます(*´꒳`*)

「家族全員がのびのびと暮らせる大満足のマイホームが建てられた。」と言っていただけました♪

 

来月からは消費税が10%に増税されます。“このタイミングで家を建てることは賢くない”なんて思われがちですが、意外とそうでもないんです。

消費税増税にあたり、マイホーム購入の負担が大きくならないよう作られた「すまい給付金」の制度。実は10月以降、増額されることが決まっています。この制度をつかえば、増税後も負担を増やすことなく、マイホームが建てられます。

タツミハウジングでマイホームの夢、叶えてみませんか?

WORKS
施工事例&お客様の声
VIEW MORE