MENU

BLOG
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • タツミハウジングの家づくりは、なぜ安心・安全なのか

タツミハウジングの家づくりは、なぜ安心・安全なのか

 

こんにちは、タツミハウジング代表の佐宗樹弥です。

今日は私たちが取り組む安心・安全の家づくりについて、住まいの構造の観点から詳しくご紹介いたします。

私たちの建てる家には、真壁パネル工法をベースにした独自のパネル「CHU!パネル」を採用しています。性能面、コスト面のバランスを考え、少し前に以前使っていたものから、このパネルへと移行しました。

近年、性能が高いと評判のパネルに「スーパーウォール」がありますが、「CHU!パネル」は、これと同等の性能値を持っています。そのうえで、スーパーウォールにはないメリットを持っているのが、私たちの採用するパネルなんです。

例えば、揺れに対する強度の違い。この2つのパネルは、柱との固定方式が違うため、耐久度の差があります。「CHU!パネル」が柱とパネルを“面(つら)”で固定するのに対し、スーパーウォールは板状の面材をかぶせて釘で固定します。そのため、強い揺れがきたときには、釘が外れてしまったり、面材が割れてしまったり、といった不具合が出る可能性があります。もちろん「スーパーウォール」も十分に丈夫なパネルなのですが、耐震の面でより安心できるのは「CHU!パネル」ということになります。この点が「CHU!パネル」のメリットのひとつです。

また、「CHU!パネル」では、断熱材を規定より厚く使用できるため、お施主さまの好みに応じて、断熱性能を微調整することもできます。ほかのパネルに比べ、カスタマイズ性が高いのも、私たちの断熱パネルの特徴です。

私たちはツーバイフォーや在来工法の良い部分を活かしつつ、さらなる性能を追求するために、パネル工法を選びました。ツーバイフォーの耐震性の高さ、在来工法の間取りの可変性の高さを両立し、「スーパーウォール」のデメリットを軽減したのが、私たちの「CHU!パネル」です。硬質ウレタンが断熱材に使用できるのもパネル工法のメリットですね(従来の工法では一般的に、グラスウールや吹付けウレタンといったデメリットを抱える素材を使っていることが多いです)。

これから家づくりを考える方すべてに、私たちの建てる住まいの性能の高さをぜひ知ってほしいです。資料請求やご相談、見学など、いつでもお待ちしています。

WORKS
施工事例&お客様の声
VIEW MORE