MENU

BLOG
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 南欧風の外観と“自分スタイル”のキッチンがこだわりポイントに

南欧風の外観と“自分スタイル”のキッチンがこだわりポイントに

 

きょうは「タツミハウジングのお客さまの声を紹介します」の第2回。2016年3月に念願のマイホームを手に入れたOさまご夫妻の声を取り上げます!

あるご夫婦がおうちを建てるとき、私たちの経験では、おふたりのうちのどちらかがリーダーシップをとり、進んでいくケースがほとんどのように感じています。Oさまご夫妻の場合は、アパレル出身の奥さまがインテリアのバランスをとり、自然素材の良さとご夫妻の個性が調和する、たったひとつのおうちをつくりあげました。

旦那さまによると、「妻のセンスと感性を信じているので、デザインはすべて彼女に任せた」とのこと。短い言葉のなかに、おふたりの間にある信頼関係を垣間見たような気がして、とてもあたたかい気持ちになったことを覚えています。

そんな奥さまに私たちを家づくりのパートナーに選んだ理由をうかがったところ、うれしい答えが返ってきました。「常にトレンドを意識している『タツミハウジング』さんなら、“私たちが永遠に愛せる住まい”の夢をかなえてくれるはず」と、奥さんは感じたんだそうです。完成したおうちを見て、「夢がかなった」と話してくれた奥さま。こういう瞬間のために私たちは家づくりをお手伝いをしているのだと、あらためて感じることができました♪

おふたりに完成したおうちの見どころを聞くと、旦那さまは「南欧風の外観にも合う新しいALCパワーボード」を、奥さまは「使い込むほど手になじむ『私スタイル』のキッチン」を挙げてくれました。最後に、こだわりポイントに対するご夫妻の想いを紹介します!

 

・旦那さまのこだわりポイント「南欧風の外観にも合う新しいALCパワーボード」

“外壁は耐久性が高く、防火性、断熱性、遮音性に優れた37ミリ厚のALC(軽量気泡コンクリート)にしたかったんです。パネル間の目地を平らに仕上げた新商品「PBフラット工法」を採用し、塗り壁と同じような表情になりました。その後、メーカーのカタログ写真にも選ばれたんですよ。”(旦那さま)

 

・奥さまのこだわりポイント「使い込むほど手になじむ『私スタイル』のキッチン」

“サクラの床に合わせて選んだWOOD ONEのシステムキッチンは、フレンチでもカントリーでもない、私スタイルのキッチン。パイン材の質感が空間をやさしく包み込んでくれます。電化製品や雑貨はカップボードのテイストに合うよう、1つ1つ時間をかけてセレクトしました。全体的にバランスよく仕上がったと思います。”(奥さま)

WORKS
施工事例&お客様の声
VIEW MORE