MENU

BLOG
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 断熱性の高さで省エネを実現。経年美を楽しむオール電化のおうち

断熱性の高さで省エネを実現。経年美を楽しむオール電化のおうち

 

湖西市に念願のマイホームを建てたS様。タツミハウジングを選んでいただいた理由は、木のあたたかみを感じられる私たちの家づくりを気に入っていただいたからでした。

S様のおうちでは、オール電化を採用しています。「最初は電気代が心配だった」と振り返るS様ですが、実際に暮らしてみるとその印象は逆転。光熱費の安さにとても驚いたそうです。

なぜオール電化なのに驚くほど光熱費が安くなると思いますか?秘密は、「無垢の木」の特性と「地中熱対流二重通気層工法」にあります♪

タツミハウジングがこだわる自然素材の家づくりには、原木から直接切り出した「無垢の木」をつかっています。「無垢の木」は、木ならではの質感や風合いといった見た目の特徴のほかに、断熱性や調湿性といった機能的な特徴も持っています。外気に影響されにくいからこそ、夏は涼しく、冬は暖かいおうちがつくれるんですね♪

また、S様のお宅で忘れてはならないのが「地中熱対流二重通気層工法」の存在です。「地中熱対流二重通気層工法」とは、家全体を外張り断熱で覆い、できた壁とのすき間に地中熱を対流させる技術のこと。地中熱を利用した空気が外張り断熱の内側を循環するので、柱などの構造体を適切な温湿状態に保て、室内も1年を通して暮らしやすい温度となります。「無垢の家」の特性と「地中熱対流二重通気層工法」の相乗効果で冷暖房効率の良さを実現しているんです(*´꒳`*)

実は私たち、S様のご実家も建てさせていただきました♪1度ならず2度までもタツミハウジングの家づくりを選んでいただきありがとうございます!これからも家族のようなお付き合いをさせてくださいね(⁎˃ᴗ˂⁎)

WORKS
施工事例&お客様の声
VIEW MORE