MENU

BLOG
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • ママの家づくりコラム vol.6 収納、見せる派?隠す派?

ママの家づくりコラム vol.6 収納、見せる派?隠す派?

 

こんにちは! 今日はママの家づくりコラムの第6回。見せる収納、隠す収納について考えます♪みなさんのおうちでは、収納のあり方にこだわっていますか?

伊藤

「最近、見せる収納って言葉よく聞かない?」

紅林

「聞く聞く。テレビや雑誌でもよく特集されてるよね!」

伊藤

「しーちゃんは、見せる収納についておうちで取り組んでることある?」

紅林

「私は見せ方を考えるのが苦手だから目隠しを使って積極的に隠してるよ!見せてると掃除も大変だし。」

伊藤

「そうだよねー。私もインテリアデザインは好きなんだけど、見せる収納についてはあまり取り組めてない。センスのこともあるけど、掃除もネックになってくるよね。」

紅林

「そうそう。うちはそもそも家を建てる段階でアイランドキッチンも断念してるし、そういうところを見せていく発想を捨ててるかも。隠すためにいろんなデッドスペースをすべて収納にしてるよ。」

伊藤

「あー、そうだったね!そうやって考えてみると、うちもパントリーは隠すデザインにしてる!」

紅林

「ちょっとしたところに収納があると床に物を置かなくて済むし、なにかと便利だよね。今の収納の使い方を考えると、見せる収納では上手にしまえないかも。特に子どものおもちゃなんかはカラフルなデザインが多いし、見せながらバランスを取るのは私には難しい!」

伊藤

「そうだよねー。隠す収納だと、デザインにこだわりにくいものも、すっとしまっておけるのは便利かも。」

紅林

「見せる収納も憧れるけど、できるかどうかはまた別問題だよね(笑)デザインと掃除が得意な人の特権って感じ!」

数あるなかでも上位にランクする収納に関する相談。やはり多いのは、収納を多く作りたいという要望です。インテリアをおしゃれにするために「見せる収納」は便利ですが、うまく取り組まないと生活感が出てしまいがち。デザインと暮らしやすさのバランスを上手にとりたいところです。

「うまくできるかわからないけれど、見せる収納にチャレンジしてみたい!」という方には、棚だけの収納デザインにかごを配置するのがおすすめ。見せる収納だけど、隠しやすいデザインにすることができるんですよ♪

もしどうにも決められないという場合には、タツミハウジングまでご相談を!ヒアリングを大切にする私たちが、後悔のない家づくりをお手伝いいたします(*´꒳`*)

WORKS
施工事例&お客様の声
VIEW MORE