MENU

BLOG
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 話題のマンションリノベ。メリット・デメリットと、注意点は?|ご相談はぜひタツミハウジングへ!

話題のマンションリノベ。メリット・デメリットと、注意点は?|ご相談はぜひタツミハウジングへ!

 

こんにちは、タツミハウジング代表の佐宗樹弥です。

近年、すでにある家を今の暮らし方にあわせて改築するリノベーションに注目が集まっています。私たちも最近になって、新築とリノベで悩んでいる方、最初からリノベで考えている方などの相談をよく受けるようになりました。

一般的には、「0から建てるため、思い通りの住まいになりやすい新築」「すでにある建物を活用するため、低コストのリノベーション」というイメージが先行していますが、両者の違いはほかにもたくさんあります。

今回は、特によく相談をいただくマンションリノベにテーマを限定し、新築との違いなどをお話していきます。

マンションリノベのメリット・デメリット

 

まずは検討している方なら誰もが気になるはずの、マンションリノベのメリット・デメリットについてです。

やはり1番のメリットは、新築と比較して、低コストで新しい住まいを手に入れられることですね。大枠は既存の建物を使うので、新築とはコスト感が変わってきます。予算を抑えたい方にはおすすめですね。これはマンションリノベに限ったことではなく、一戸建てのリノベでも同様です。

また、土地が余っていない人気エリアに住まいを構えられる点も、リノベ(特にマンションリノベ)のメリットです。都会や人気のベッドタウンの場合、住みやすい地域はすでに土地が埋まっていることもしばしば。新築しようと思うと、駅から遠い場所などを選ばなくてはならないケースも少なくありません。この点は、もしかしたら見落としている方も多いかもしれませんね。

さらに人気のある場所・利便性の高い場所なら、万が一持て余してしまったときにも、賃貸物件として貸し出すことができます。暮らし方の変化や、イメージとの違いにも柔軟に対応できる可能性を持つのが、マンションリノベということになりますね。

一方で、デメリットとなり得るのが、元の建物の残りの寿命を考えなくてはならない点です。住宅業界では、日に日に断熱性能や耐震性能などが向上しているので、あまりにも古い建物の場合、長くは住みづらいかもしれません。特にマンションの場合は、自分の意思だけで建て替えることができません。その点も踏まえて、物件を選ぶ必要がありますね。

マンションリノベ。間取りの変更はできる?

 

マンションリノベを検討している方から相談を受けていると、「(マンションのリノベでも)間取りの変更はできますか?」と、よく聞かれます。間取りを変更してしまうと、建物全体に影響が及ぶのではないか、と心配する方が多いみたいですね。

結論から言うと、構造体に干渉しなければ、ある程度自由に間取りの変更ができます。最近のマンションは二重床など、構造に遊びを用意しているので、基本的に気にする必要はないと思います。

ただ、ネックになるのが配管の問題ですね。古い建物だと、配管がコンクリート躯体に埋め込まれていることが多く、手を出せないケースもあります。詳しくは、工務店・ハウスメーカーなどに建物を見てもらうのがいいですね。

タツミハウジングでは、ご相談いただければ、物件選びの段階から一緒に内見にうかがわせていただくこともあります。

マンションリノベで一般的に不可能とされる変更の例を、以下にまとめておきます。

・窓サッシ・玄関サッシの交換

・バルコニーや階段などに影響する変更

・窓の増減

・組合のルールで認められていない変更

・そのほか、避難経路や共用部分に影響する変更(復元可能な場合は可)

 

マンションリノベ。打ち合わせの進み方

 

タツミハウジングでは、リノベの場合、まずはお客様の要望を聞き、その後、現地調査をおこないます。実際にお部屋を見ながら、より具体的なヒアリングをしつつ、都度ご提案させていただく形をとっていますね。

物件が決まっているとスムーズに運ぶのですが、最初からリノベ用にマンションを買うのであれば、あらかじめご相談いただいたほうが良いと思います。購入前でも図面があれば、ある程度具体的なお話をすることも可能です。

リノベの場合、行政への建築確認が不要なので、最短1か月で着工します。工期は内容によってまちまちですが、新築に比べると、短めですね。概ね12か月ほどが多いでしょうか。ご相談から3か月後くらいには、実際に住んでもらえるようなイメージですね。

現在住んでいる物件をリノベするケースでは、部屋ごとに工事を進めます。キッチンやお風呂が使えなくなるタイミングでは、ホットプレートでできる簡易メニューでお過ごしいただいたり、銭湯を利用いただいたりしてもらっています。

工事の内容やお客様のご希望などによっては、全面的に工事を進めるケースもあります。その場合は、賃貸住宅に一時的にご入居いただく形となりますが、タツミハウジングでは、賃貸住宅のあっせんもしているので、ご安心ください。

できるだけ負担のないよう、進めさせていただきます。

マンションリノベで注意しておきたいこと。

 

最後に、マンションリノベで注意しておきたいことについてまとめます。

まずは、先にも紹介した築年数・耐震性能の問題ですね。リノベは物件の中身だけの工事なので、建物そのものが新しくなるわけはありません。時代に合っていない建物だと、早めに建て替えになってしまうケースもあります。

次に、お部屋が何階にあるか、エレベーターはあるか、エレベーターの広さは十分か、といった点です。十分な広さのないエレベーターだと、工事に使う道具を階段で上まで運搬することになります。その場合、工数の分だけ費用が増えることもあります。

ともあれ、リノベで最も注意しておきたいのは、その後の人生設計を見据えて考えることですね。誰とどのくらい、その家に住むのか。暮らし方が変わる可能性はないか。そういった点をしっかり考えて臨めば、きっとよいリノベとなるはずです。

ご相談いただいた際には、みなさんが後悔なく新しい住まいを手に入れられるよう、私たちも精一杯サポートさせていただきます。

 

豊橋市のマンションリノベの実例はこちら

WORKS
施工事例&お客様の声
VIEW MORE