MENU

BLOG
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • “子どもの成長にあわせた家づくり”はどうして大切なの?

“子どもの成長にあわせた家づくり”はどうして大切なの?

 

卯の花が咲き始める時期になりましたね!

世間では「卯の花」という呼び方が一般的ですが、実は卯の花という種類はないんです。分類上は「ウツギ」と呼ぶそう。知っていましたか?

さて、今日のテーマは子どもの成長とおうちについて。私たちが子供部屋プロジェクトを通じておすすめする“子どもの成長にあわせた家づくり”はなぜ大切なのか、お話させてください。

親子の距離感は、お子さんが成長するにつれて少しずつ変わっていきます。小さな頃はつきっきりでいっしょに過ごしていても、小学校高学年にもなると、少しずつ親とは独立した時間を過ごすようになり、やがてはお子さんがひとりで過ごすことの方が長くなります。だからこそ子供部屋は必要なものなのですが、同時にいつかは使わなくなってしまうのが子供部屋です。そのときのことを考えて設計するかどうかで、おうちへの愛着が大きく変わってくるんですよ。

私の家では下の子が小学生前後になり、リビングでいっしょに過ごす時間が目に見えて減ってきました。「おうちを建てるとき、子供部屋をつくっておいてよかったなぁ」と、あらためて感じています♪

もし建てるおうちに子供部屋をつくるか悩んでいる方がいたら、ぜひタツミハウジングに相談してください。いつかは使わなくなる子供部屋が無駄なスペースとならない方法を、子供部屋プロジェクトをおすすめする私たちの目から提案させていただきます♪

私たちといっしょに愛着いっぱいのマイホームをつくりませんか?

WORKS
施工事例&お客様の声
VIEW MORE